治療で抗うつ剤を使う前に|副作用や注意点を調べておこう

うつ病の治し方

女の人

薬の利用方法

ストレス社会と言われている現代、うつ病を発症してしまう人が増えてきています。うつ病とは、倦怠感や絶望感などを常に漠然と感じてしまい、正常な日常生活が送れなくなってしまう精神病です。何となく不安な気持ちが続いたり、自分は駄目な人間だと責めたりしてしまい、心が乱されていってしまうという症状が現れます。特に外傷がある病気ではないので、治療としては心を落ち着かせコントロールさせていく、ということが主流になります。そのため、治療ではまず患者の話を聞く、というカウンセリングから始まる場合が多いです。うつ病になってしまった原因や根本を探り、解決策を提案することで、治療を促します。また、そのような心のケアと併用して、抗うつ剤の使用も多く見られます。抗うつ剤は、うつ病の患者に使用することで、うつ病による様々な諸症状を和らげるという働きがある万能な薬です。しかし、抗うつ剤の使用に当たってはいくつかの注意が必要です。まず一つ目が、薬による副作用です。抗うつ剤は、定期的に服用することで副作用をもたらしてしまう場合があります。症状としては、眠気や下痢、頭痛、体重増加などです。症状が軽いことも多いですが、人によっては重い副作用が現れてしまう可能性もあります。副作用が現れてしまった時の対処法は、症状によって様々です。例えば下痢などの消化器系の副作用が発生していまった場合は、薬を減らす、下痢止めの薬を併用する、などが有効です。むくみや体重増加については、薬に慣れてきたときに起こりやすい副作用です。逆に、薬の飲み始めごろは痩せやすくなってしまうこともあります。特に女性はむくみなどが気になりますので、長期の服用を避ける、休薬期間を設ける、などの対処法が有効です。他にも、性機能の低下や目がかすむ、口が渇くなどの副作用が現れる場合もあります。不快な症状が現れた場合にはすぐに主治医に相談して、放置しておかないようにしましょう。さて、二つ目の注意点が、使用する量を守るということです。抗うつ剤には様々な種類があり、それぞれ働きが違います。例えば、精神状態を安定させる効果のある薬であれば、心が乱れたときに決められた分量以上を服用してしまいたくなる場合があります。量を増やせば、それだけ効果が高い、と考えてしまうからです。しかし、抗うつ剤は量を増やしたからといって効果が高まる、というものではありません。逆に、使用量以上を摂取してしまうことで、重大な副作用をもたらしてしまう可能性が高いのです。うつ病の症状が苦しい場合でも、自己判断で薬の量を増やすということは絶対にやめましょう。必ず医師に決められた量を守って使用することが、治療への近道となります。このように、抗うつ剤は、必ず医師の指示を守って使用することが大切です。また、これを飲んだら治る、といったような過剰な期待を抗うつ剤にするのではなく、治療の一部として服用している、という概念を忘れないようにしましょう。うつ病は完治にとても時間のかかる病気ですので、焦らず根気良く、病気と向き合っていくことが何よりも大切です。

To Top