治療で抗うつ剤を使う前に|副作用や注意点を調べておこう

うつ病に関する治療

男性

種類と注意点

うつ病という病気をご存じでしょうか。うつ病は精神疾患の一つであり、近年その患者数が増えてきたことから広く人々に認知されるようになってきた病気です。発症の主な原因は過度なストレスで、その症状は様々です。主な症状としては倦怠感や無気力感などがあげられますが、頭痛や吐き気など体そのものに症状が現れることもあり、人それぞれです。早めにストレスを抱えていることに気付いた場合には、心をどうにかコントロールしストレスの原因を減らしていくことで、うつ病を予防することが出来ます。しかし、ストレスをうまく発散出来ずに溜めてしまいがちな人は、発症しやすい傾向にあります。症状が重かったり、睡眠障害や摂食障害など日常生活を正常に送れないほどの症状が出ている場合には、きちんと病院へ行くということが大切となります。心のコントロールが出来なくなってきたと感じたら、恥ずかしがらずにまずは専門の病院へ行ってみましょう。病院へ行くと、治療のはじめにまず抗うつ剤を使用することがあります。抗うつ剤には、様々な種類がありますが、代表的なのはデパスというものです。デパスは知名度も高く、うつ病の治療としてだけでなく、神経障害などの他の精神疾患の治療に使われることもあります。うつ病による諸症状をゆるめ、気持ちをリラックスさせる働きがあります。精神的病気には欠かせない、とても効果の高い抗うつ剤です。デパスのジェネリック品などもあり、多くの人々が利用しています。また、同じく知名度が高く人気があるのが、パキシルです。パキシルは脳内分泌物質の濃度を高めて、気持ちを楽にするという働きがあります。特に神経に働きかける薬ですので、副作用が少なく確かな効果を得ることが出来ます。また、抗うつ剤は正しい用法、用量を守らず大量に摂取してしまうと、逆に体に悪影響を及ぼしてしまう場合がありますので、個人輸入は禁止されている場合がほとんどです。また、注意点としては副作用です。抗うつ剤は、種類によって副作用をもたらしてしまうことがあります。主な副作用としては、めまいや眠気などです。副作用がつらいと感じた場合にはすぐに医師に相談し、違った種類にしてもらうか、量を減らすなどして対応してもらうようにしましょう。このような注意点を覚えておき、まずはうつ病になりかけていると感じたら、すぐに病院へ行き医師に処方してもらいましょう。薬を飲むことから、治療はスタートしていきます。また上記の他にも、様々な種類の抗うつ剤が存在します。医師との相談のもと、自分の症状に合ったものを処方してくれます。抗うつ剤を使いながら徐々に心をコントロールさせていくことで、うつ病を改善させることにつながります。しかし、うつ病は薬を飲めばすぐに治る、というものではありません。薬とカウンセリングを併用しながら、少しずつ時間をかけて原因となったストレスと向き合い、治療を行っていくものです。焦らずに自分の病気と向きあい治療をしていくことが大切です。ストレス社会と言われている現代、うつ病は珍しい病気ではありません。自分が病気であることを認め、しっかり治療を行いましょう。

To Top